リンツ独自のミキシング技術 - World of Lindt

「リンドール10個入」を4個購入で1個プレゼント

Lindt -リンツ-

  • マイページ
  • カート
  • 検索

リンツの秘密 - 3. リンツの発明

リンツの完璧なチョコレートの秘密を覗いてみてください。

リンツの発明

ヨーロッパに当初上陸したチョコレートと今の私たちが知っているチョコレートは全くの別物です。当時のチョコレートは粗く、乾燥していて、「口溶けがいい」からはほど遠い状態でした。

1879年は、チョコレートにとって革命的な年でした。この年にロドルフ・リンツがコンチングを発明しました。この新たな製法により、後にリンツの代名詞となる、絹のように滑らかでベルベットのような質感を持つ、風味豊かなチョコレートが誕生しました。

コンチング発明にまつわる物語

ロドルフ・リンツは絹のように滑らかなチョコレートを作ることを夢見ていました。彼は中古の機械を揃え、完璧な調合を探求し続け、レシピを改良しながら疲れを忘れて働きました。
ある金曜日の夜、リンツはミキシング機の電源をつけたまま工場を後にしました。これは単なるアクシデントだったのか、はたまた故意的だったのか…真相は分かりません…
機械は週末の間中動き続けました。週明けの月曜日の朝、工場に戻ると、リンツの夢が現実のものとなっていました。かくはん槽の中には、滑らかに溶けた、光輝くチョコレートがありました。
その後、何年もかけて改良を重ね、今日に至ります。リンツの画期的な発明は、現在、業界で広く使用され、世界中のチョコレート愛好家を喜ばせています。

コンチング

コンチングは、チョコレートの製造過程で極めて重要な工程です。材料を温かい温度で混ぜ続けることによって、風味と質感が洗練されます。

コンチングの仕組み

焙煎とグラインドにより純粋なカカオマス(別名、カカオリカー)が作り出されます。その後、これを砂糖やミルク等の数種類の最上級の原材料と組み合わせ、さらに細かくグラインドし、コンチングマシンにかける準備をします。

当社の最新鋭のコンチェ・マシンは、温めた液状のチョコレートをかき混ぜ、攪拌し、空気を含ませることで(この工程は蒸発と似ています)、不要な酸味と苦味を取り除く、長い綿密な計画に基づいて作業しています。このコンチングにより、不要な固まりを溶かし、贅沢で滑らかなチョコレートの質感を生み出します。これらの工程を経て、チョコレートはリンツの有名な作品に生まれ変わるのです。

チョコレート史上重要な日

  • 紀元前3500年

    エクアドルのサンタアナ(ラ・フロリダ)で、マヨ・チンチペが初めてカカオ豆を使用しました。

  • 1830年

    それまでは飲み物として楽しまれていたチョコレートですが、イギリスのチョコレートブランド「J.S.フライ&サンズ」によって初めて成形されたチョコレートが作られました。

  • 1879年

    ロドルフ・リンツがコンチング・マシンを発明し、夢だった絹のように滑らかなチョコレートを現実のものにしました。

「リンツの代名詞である絹のように滑らかで、ベルベットのような豊かな質感のチョコレートにはコンチングプロセスでしっかりかき混ぜることが必要不可欠です。」

―リンツのマスターショコラティエ