1952: エキサイティングなサプライズ - リンツ ゴールド ラビット - World of Lindt

「リンドール10個入」を4個購入で1個プレゼント

Lindt -リンツ-

  • マイページ
  • カート
  • 検索

リンツ ゴールドバニーの始まり

ゴールドの服をまとい、赤いリボンをほどこし、鈴を飾る......:誰の目にも留まるウサギを作り上げました。

物語の始まりは幼い少女とウサギ

あるイースターの日、家族で伝統的なイースターブランチを楽しんでいたとき、リンツのマスターショコラティエの娘が生い茂る草の中にウサギを見つけました。興奮した彼女は、外に出てウサギと遊びたいと言いました。父親の許可をもらい、彼女がドアから駆け出した頃には、ウサギは尻尾を一閃して茂みの中に消えてしまいました。 

その後数日間、彼女は落ち込みました。父親は、どうしたら彼女を元気づけられるか、長い間考え抜いた末に素晴らしいアイデアを思いつきました。少女がいつでも「友達」と遊べるように、ウサギの形をした「リンツゴールドバニー」が誕生したのです。それから毎年、娘は家族と一緒に庭で小さなゴールドバニーを探すのを楽しみにしていました。

金色の毛皮と赤いリボンで結ばれた小さな鈴を身にまとい、リンツのゴールドバニーは、春を告げて輝き、イースターに華を添えます。

1952年:イースターの伝統

リンツの最初のゴールドバニーは1952年に誕生しました。ロドルフ・リンツとそのコンチングマシンのおかげで、チョコレートを滑らかになるまで溶かし、どんな形の型にもコーティングできるようになりました。その結果、絹のように滑らかで贅沢なチョコレートバニーが出来上がりました。チョコレートバニーはドイツですぐに人気を博しましたが、国境を越えてスイスやオーストリアに渡り、世界中を魅了するまでにしばらく時間がかかりました。

1990年代:国境を越える 

ちょうど40年後の1994年までに、リンツのゴールドバニーはスイスとオーストリアの店頭に並ぶようになりました。そして1996年にはイギリスとアメリカに、1997年にはオーストラリアに上陸しました。

2000年代: 新しい10年、新しい旅

2002年のイースターにはラテンアメリカへ、2004年にはロシアと香港に進出しました。その後、ゴールドバニーは足を延ばし、2007年には近東へ飛びしました。現在、リンツのゴールドバニーは世界中の50カ国以上で年間約1億5千万個生産されています。この量のゴールドバニーを並べると、スイスのキルヒベルク本社からカリフォルニアのサンディエゴまで、実に9,800キロメートルになります。

心をこめて作る

リンツでは、一つ一つの商品が、正確さと情熱、心を込めて作られています。ゴールドバニーに命を吹き込むには、全工程で約1時間かかります。上質なチョコレートを型に塗った後、最適な温度で冷やし、完璧な輝きとパリッとした食感が実現します。その後、リンツ独自の金のホイルで丁寧に包まれ、手袋をしたリンツのマスター・ショコラティエの手で磨き上げられます。最後に、リンツのゴールドバニーには、赤いリボンと鈴があしらわれます。

あらゆる場面で

ゴールドバニーは10g、50g、100g、200g、500g、1kgの6種類のサイズで展開されています。一番小さなウサギはテーブルやイースターバスケットを飾るのに最適で、一番大きなウサギは究極の目立ちたがり屋さんです。面白いことに、1kgのリンツゴールドバニーは、すべて手作業で包装され、手作業で磨き上げられ、美しい赤いリボンで仕上げられているのです。

どんな味にも合うように

オリジナルのミルクチョコレートのゴールドバニーが成功したので、リンツのマスターショコラティエは、ダーク、ホワイト、ヘーゼルナッツチョコレートから選べる3つのフレーバーを作り出しました。フレーバーによってウサギのリボンの色が異なります。ホワイトチョコレート味は白いリボンを、ダークチョコレートのしっかりした風味が気になる方はブラウンのリボンを、ヘーゼルナッツのサクサク感をお求めの方はグリーンのリボンを、それぞれ見つけてください。

現代のイースターの伝統

今日、ゴールドバニーは世界中で認識されています。1952年の誕生以来、ゴールドバニーのデザインは時代を超えてもなお、オリジナルのスタイルを保ちながら、優雅な時を過ごしてきました。しかし、たまには趣向を変えてみるのもいいものです。2015年には、当社のアイコンであるゴールドバニーに加え、ヒョウ柄とゼブラ柄のホイルで包んだ特別仕様のゴールドバニーを発売しました。続いて、花をモチーフにした限定プリントも発売しました。リンツのマスターショコラティエたちは、常に新しいサプライズを考えています。次はどんな作品が生まれるでしょうか。

コレクション

LINDOR

EXCELLENCE