リンツチョコレートの誕生秘話 - World of Lindt

「リンドール10個入」を4個購入で1個プレゼント

Lindt -リンツ-

  • マイページ
  • カート
  • 検索

リンツの歴史

起業家精神。チョコレート革命。完璧なパートナーシップ。これはリンツ&シュプルングリーの始まりの物語です。

1800年代

チョコレートのパイオニア

ダーフィト・シュプルングリーがチューリッヒに小さな菓子店をオープンしたのが全ての始まりです。シュプルングリーの起業家精神、チョコレートへの情熱のお陰でお店はすぐに繁盛し、成長しました。シュプルングリーは、チョコレート製造者の間で一躍有名になりました。

1845年:初期の成功

スイス・チューリッヒの旧市街にあるドイツ語圏内の町、マルクトガッセで、ダーフィト・シュプルングリーと息子のルドルフ・シュプルングリー・アマンは初のチョコレート・バーをプロデュースしました。お店は瞬く間に成功しました。

1847年:チョコレート製造工場第1号

シュプルングリーは急速に成長し、1847年にホッグにシュライフトーベル工場を開設しました。製造が始まると、甘いチョコレートの香りが漂ってきます。

19世紀後半

チョコレート起業家

1859年:新しいパティスリー

シュプルングリーはスイスチューリッヒのバーンホフシュトラーセにある広場に2番目の菓子店をオープンしました。エレガントな内装は瞬く間に地元の人々に人気を博し、人気の場所となりました。

1879年:コンチングの発明

一方、ベルンでは薬剤師の息子、ロドルフ・リンツが小さな菓子店を始めたばかりでした。1879年の開店直後、リンツのチョコレート会社は、当時の他のショコラティエ同様、硬くて苦いチョコレートのみを製造していました。その間もリンツは実験を続け、何か月も実験を繰り返したある金曜の夜、コンチングの機械の電源を切ることなく工場を後にしました。夜も週末もコンチングの機械は動き続けました。リンツが月曜日に目にしたチョコレートは繊細かつ滑らかで、今までにないくらい美味しかったのです。チョコレートは永遠の変化を遂げました。これが、世界中で知られているなめらかなチョコレートの誕生でした。

1892年:シュプルングリーがリンツ&シュプルングリーになるまで

1892年にルドルフ・シュプルングリー・アマンが退任する際、彼は二人の息子、ヨハン・ルドルフ・シュプルングリー=シファーリーとダーフィト・ローベルト・シュプルングリー=バウドに会社を引き継ぎました。ヨハン・ルドルフは後にリンツ&シュプルングリーとなるホルゲンの工場を継ぎ、弟はチューリッヒにある菓子店を2軒を譲り受けました。

1899年:リンツ&シュプルングリーの誕生

2人の起業家が出会ったのは 1899 年のことでした。 シュプルングリーは、生産量を増やすために、現在の本社があるキルヒベルク ベンドリコンに大規模な工場の建設を完了したばかりでした。 ベルンでは、リンツのクリーミーなチョコレートに対する高い需要が、元々あった小さな生産施設に負担をかけ始めていました。そのため、シュプルングリーがリンツのブランドと秘密のレシピを含め、150 万フランという驚異的な金額で会社を買収することを申し出たとき、リンツは彼自身がビジネスにおいての発言権を持つという条件で同意しました。 ここで完璧なパートナーシップが生まれました。

1900年代

世紀の始まり

リンツ&シュプルングリーにとって、新しい世紀の始まりはチャレンジにみまわれつつも好調でした。第一次世界大戦に関わらず、スイスのチョコレート産業は伸び続け、この成功にリンツ&シュプルングリーは大きく貢献しました。1915年までに、生産したチョコレートの大半が海外に輸出されました。第二次世界大戦中もリンツ&シュプルングリーは、商品の品質に妥協を許しませんでした。奇しくも当社の100周年記念の年に迎えた終戦後、売り上げは再び急激に成長しました。

1920年代:海外での成長

20世紀初頭、リンツ&シュプルングリーはドイツ、アメリカ、イギリスに代理店および子会社を設立しました。1930年には、社名を現在のChocoladefabriken Lindt & Sprüngli AGに変更しました。

20世紀後半

グローバル展開

主要市場で成長を遂げました。現在、リンツ&シュプルングリーは世界のプレミアムチョコレート市場でトップ走っています。

1932年:キルシュバトン

1932年にはスイス原産の「キルシュバトン」を発売し、リンツ&シュプルングリーは大成功を収めました。

1945年:100年目のリンツ&シュプルングリー

リンツ&シュプルングリーは100周年を迎え、12部にわたる広告シリーズでこの大きな記念日を祝いました。当社の100周年は終戦と重なり、チョコレートの消費は再び上向きになりました。 

1949年:リンドール

リンツのマスターショコラティエたちは、戦後、お客様の気分を高めるようなチョコレートを作りたいと考えていました。彼らはチョコレートのレシピ開発に試行錯誤し、1949年にようやく溶けた金のように贅沢で滑らかなチョコレートを作り上げました。それは「リンドール」と名付けられました。当初は繊細に溶けるフィリングを挟んだチョコレートバーとして登場したリンドールでしたが、20年後に代表的なトリュフの形に進化しました。リンドールの歴史について興味が湧きましたか?

1952年:ゴールドバニー

1952年、リンツのゴールドバニーが初登場しました。リンツのマスター・ショコラティエは、娘にインスピレーションを受け、スイスの最高級チョコレートでウサギを作りました。そして、ウサギが迷子にならないように、光り輝くように愛情を込めて金のホイルで包み、赤いリボンと小さな鈴をつけました。現在では、リンツのゴールドバニーはイースターの定番商品となっており、春の訪れを告げています。リンツのゴールドバニーについての物語を知りたいですか?

1969年:世界中で愛されるリンドールトリュフ

1969年、リンツ&シュプルングリーは、満を持してクリスマス・スペシャリティとして初めてリンドールトリュフを発売しました。このトリュフはすぐに人気を博しましたが、クリスマスシーズンが終わると店頭からなくなってしまうのでお客様は残念がりました。

1979年:クラシックチョコレート

1970年代が終わる直前、1979年、リンツのプレミアム・コレクション「コネスール」プラリネは、特別な日のギフト用に作られ、その後、独自のブランドラインへと成長しました。

1989年:エクセレンス

1989年、また新たなクラシカルな商品が誕生しました。リンツ&シュプルングリーは、濃厚でエレガントな味わいと繊細なテクスチャーを持つ、薄いエクセレンス・ダークチョコレートバーを発表しました。

2000年代

リンツ&シュプルングリーの未来

リンツ&シュプルングリーは、すべての商品で最高品質を維持しながら、消費者をインスパイアする新鮮な新しいフレーバーの創造に取り組んでいます。世紀の変わり目には、新しい美味しいチョコレートの創造と、リンツの世界をより身近に感じていただくためのエキサイティングな取り組みが豊富に行われました。

2008年:ファーミングプログラム

サステナビリティはリンツ&シュプルングリーの企業哲学に不可欠な要素であり、カカオ豆の調達からチョコレート製品の完成まで、その戦略にしっかりと根付いています。2008年以降、リンツ&シュプルングリーファーミングプログラムは、サステナビリティへのコミットメントを表しています。

2009年:エキサイティングな年

2009年、スイスのテニス世界チャンピオン、ロジャー・フェデラー選手がリンツのブランドアンバサダーに就任しました。同年、リンツ&シュプルングリーは独自のグローバルリテールネットワークを設立し、世界中にプレミアムチョコレートの体験を提供できるようになりました。

2011年:クリスマスマジック

2011年、クリスマスシーズンに素敵な魔法をもたらす、リンツの ゴールドテディが発売されました。

2013年:基金の設立

2013年、リンツ&シュプルングリーはリンツ・カカオ基金とリンツ・チョコレート・コンピテンス基金を設立しました。リンツ・カカオ基金は、チョコレート生産に携わる社会的、生態的環境を改善するために設立されました。持続可能な農業を促進するため、リンツ・カカオ基金はカカオ農家の生活・労働条件の改善を目的とした既存の取り組みをサポートしています。一方、慈善団体であるリンツ・チョコレート・コンピテンス基金は、チョコレートのビジネス拠点としてのスイスの地位を長期的に維持、育成、促進し、スイスのチョコレート製造の専門知識をさらに強化することを目的としています。

2020年:ホーム・オブ・チョコレート

2013年、慈善団体であるリンツ・チョコレート・コンピテンス基金は、スイスのキルヒベルクで大きなプロジェクトを開始しました。2020年、リンツ&シュプルングリー創業175周年記念の年に、リンツ・ホーム・オブ・チョコレートがオープンしました。キルヒベルクの本社に所在し、体験型の展示、研究所、パイロットプラント、世界最大のチョコレートショップ、カフェ、チョコレート講座のために特別に設計されたショコラテリアがあります。ホーム・オブ・チョコレートには、もちろん世界最大級のチョコレートファウンテンがあります。

リンツ&シュプルングリーは、確かな品質でチョコレートの喜びを提供し、世界中の人々に至福の時を届けるブランドとして名を馳せています。年月をかけ、同社は海外にブランドポートフォリオを展開し、Hofbauer and Küfferle(1994年)、Caffarel(1997年)、Ghirardelli(1998年)、Russell Stover(2014年)などのチョコレート事業を買収してきました。現在、リンツ&シュプルングリーブランドは、2,500を超える独自の製品を世界中で作り出しています。私たちの高品質な商品は、スイス、ヨーロッパ、アメリカの11の生産拠点で製造され、28の子会社、500の直営店、120カ国を超える100以上の販売店ネットワークを通じて流通しています。世界的な成長を遂げた今なお、リンツ&シュプルングリーのルーツはスイスにあります。その証明としてスイス人は今でもリンツの最大の支持者で、国民一人当たり平均して1日1個のリンドール・トリュフを消費しています。

コレクション

LINDOR

EXCELLENCE